リハビリ・老人保健施設は、平塚市のしんど老人保健施設

リハビリ・老人保健施設は、平塚市のしんど老人保健施設

神奈川県平塚市のしんど老人保健施設は、日常生活へ戻るためのリハビリ施設・介護老人保健施設です。
一人一人の生活を尊重し、その方らしく、充実した生活を送ることができるよう、サービス提供に努めております。
そのほか、居宅介護支援・平塚市高齢者よろず相談センターなどの施設もございます。
当施設は神奈川県事業の「身体拘束廃止推進モデル施設」です。 ⇒詳しくはこちら

ニュース一覧

  • 詳しくはこちら

  • 窓越し面会、再開のお知らせ

     新型コロナウイルス感染症予防のため長らく面会を中止にしていましたが、神奈川県の緊急事態宣言が9月30日に解除され、その後の神奈川県の発症者が減少になりましたので、10月23日(土)より窓越し面会を再開いたします。マスクをご持参の上、玄関でアルコールの手指消毒と体温測定を行います。また面会票をご記入下さい。 詳細は次のとおりです。
    ・月、火、木、金 ①13:30~13:40 ②14:30~14:40 ③15:30~15:40
    ・土曜日 ①15:10~15:20 ②15:40~15:50
    ・日曜日 ①15:00~15:10 ②15:20~15:30
    10月19日(火)よりご予約を承ります。お電話又は来設時に支援相談員にお問合せ下さい。
     ※面会予約受付時間:9時00分~17時00分

    詳しくはこちら

  • 入所・通所リハビリ 蕎麦打ち体験

    令和3年10月6日(水)に入所・通所リハビリフロアーにて「蕎麦打ち実演」を行いました。
    当施設に食事提供してくれる業者様を中心に行いました。
    当日は、蕎麦打ちの豆知識や実際に蕎麦を伸ばし、切るなどの実演を行って頂きました。
    又、実演の途中で実際使用した粉をもってご利用者の廻りを歩いて頂くなどより体感できる実演イベントでした。 コロナ禍の中で、このようなイベントを業者様から提案して頂き本当に感謝しております。
    今後も色々な方と協力しご利用者が楽しめるイベントを提供していきたいと思います。

    詳しくはこちら

  • 通所リハビリ 敬老会

    令和3年9月24日(金)に通所フロアーにて敬老会を開催致しました。
    今年も趣向をこらし職員による「水戸黄門」の寸劇とクイズ大会を行ないました。
    ご利用者の皆様は、寸劇はいつもの職員が変装しているのを楽しまれ、時にセリフの間違えに突っ込むなど楽しまれた時間を過ごされました。職員もご利用者が少しでも楽しんで頂けるように寸劇の準備をしてきました。
    短い時間ではありましたが、心温める敬老会であったと思います。
    今後も皆様がしんどにきて良かったと思えるイベントを行っていきたいと思います。

    詳しくはこちら

  • 入所 敬老会

    令和3年9月20日(祝)に入所各階にて敬老会を開催致しました。
    今年も当施設職員クラブ活動の「二胡クラブ」に演奏を依頼致しました。
    又、コロナ禍が続いており、担当職員からビデオレターは出来ないかの要望があり新しい試みとして行なう事にしました。
    ビデオレターの対象ご利用者は、米寿・卒寿・白寿・百寿の13名に絞り各ご家族よりこころ温まるビデオレターを頂きました。レターには、家族総出で集まり賑やかなものや、ご利用者の好きな歌をレターにいれるご家族もいました。施設職員全員からのコメントも入っており皆様、笑いと涙ありの中でビデオレターを鑑賞していました。
    担当職員の、ビデオレターの編集があまりにも素晴らしくコメントとして残させて頂きます。

    詳しくはこちら